早漏改善治療薬としてのバンテリンの効果

早漏は、性行為の際に2分程度の短時間で射精してしまうことです。当然、女性側は満足することが出来ないので、パートナーシップを続けるためには改善しなければなりません。現在では、様々な治療法も考案されており、改善への道筋は多様です。

早漏の根本的な原因は、自律神経のバランスが乱れていることです。まず、男性生殖器は副交感神経が優位に立つことで勃起し、交感神経にスイッチが切り替わることにより射精します。このスイッチの切り替わりが異常に早く行われる状態が早漏で、ストレスや不安を感じた時に分泌される神経伝達物質が関係しています。

また、早漏について悩んでいるとストレスが蓄積されるので、この神経伝達物質の分泌が促進されることになります。つまり、悩めば悩むほど早漏は悪化してしまうということです。しかし、原因がわかってしまえば解決する方法もおのずと見えてくるので、心配することはありません。現在主流となっている早漏改善の方法は、神経伝達物質の分泌を抑制する成分を配合した治療薬の使用です。

この早漏改善治療薬を使用することにより、副交感神経から交感神経への移行が自然な状態となるので、トラブルが解消されることになります。また、この治療薬以外にも有効な方法はあります。例えば、筋肉や関節の痛みを改善するバンテリンの使用です。

バンテリンは炎症を抑える作用を持つ成分が配合されているので、興奮した状態を鎮める効果も期待できます。つまり、交感神経へのスイッチの切り替わりを抑制するので、早漏改善に有効ということです。ただし、粘膜部分に直接バンテリンを塗り込むと刺激が強すぎるので、早漏改善のために使用する場合はトラブルに見舞われないように十分に注意しなくてはなりません。